こざくら整形外科

 TEL:0985-75-2121 受付時間:8:30〜18:00

院長紹介

こざくら整形外科 院長

こざくら整形外科 院長

小櫻 博幸

1982年6月鹿児島大学医学部整形外科入局以来、医師37年目になりました。
鹿児島大学医局在籍中に「関節固定と関節軟骨に関する研究」で医学博士号を取得。
大学病院をはじめ、鹿児島県内の県立鹿屋病院・県立奄美大島病院・国立霧島病院・川内済生会病院・曽於郡医師会病院等で、整形外科全般の症例・手術を経験しています。
救急外来では、重傷交通事故等も経験、貴島整形外科時代は、関節鏡視下膝関節手術だけでも500例以上を行っています。
手術前の診察からリハビリまで経過を観察しています。

学生時代はラグビー部に所属し、鹿児島ラグビー協会理事・メディカル委員を経験。
院長自身が、肩関節反復性脱臼・膝外側半月板損傷・手関節TFCC損傷・仙腸関節捻挫(30年来の腰痛持ちです)・踵腓靭帯付着部はく離骨折等を経験しており、治療に役立てています。

宮崎に在りながら全国スタンダードの治療を提供いたします。

共に働くスタッフが信頼する、医療姿勢・診断力・医療技術です。
患者さんの状態をよく観察し、訴えをよく聞き、実際に触れて診察し、一番良いと思われる治療を行い、丁寧で正直な説明を心がけています。
怪我(骨折、捻挫など)や、手術の後の早い回復を常に意識し、安静と動かすポイントを見極めた治療を行います。
入院しての手術が必要な手術と判断した場合は、県立宮崎病院等に紹介しています。

事務長が見た院長

事務長が見た院長

やると決めたことをやり通す意志の力が半端有りません。
リハビリ室のエルゴメーター(自転車)を20年こぎ続けています。
只今食事による体調管理を実行中。なんと15㎏も減量に成功しました。
素敵な観察眼を持っていて、フタッフの髪型の変化にもすぐに気づきます。
庭のミカンの木についたカミキリ虫やカマキリの成長もよーく見ています。
一見強面ですが、毎朝のおやつを準備して、愛犬そらの散歩に行きます。
そらを連れた院長は、話しかけやすいおじさんに大変身です。